「データ表示設定」ダイアログ

   DlgViewSetting.png

 

 各帳面で、[表示(V)]-[データ表示設定(V)...]メニューを選択したときに表示されるダイアログです。このダイアログを表示させたときの一覧表の表示状態に名前を付けて登録出来ます。登録した名前は、[表示(V)]メニューに選択肢として登録されます。
 メニュー登録は、各帳面毎に独立していますので、電話帳の設定を着メロ帳で利用することはできません。それぞれ別々に登録してください。

 登録される内容は、一覧表示の表示項目、表示幅、文字表示のフォント設定、色・罫線設定情報です。

 先頭の「新規作成時の設定」は、削除や移動はできません。この名前に登録した設定が、各帳面の新規作成時の設定として採用されます。

一覧表示の設定状態を、リスト中の選択されている名前のメニュー項目として登録します。上の画像では、「C5001T用」という名前で、その時点での表示設定が登録されます。
同じ表示設定を別の名前で登録することもできます。

登録をせずにダイアログを閉じます。ダイアログ右上の[×]ボタンをクリックするのと同じです。

エディットボックスに入力されている文字列を、メニューに登録する名前として一覧に追加します。この操作で追加されるのは、メニューに追加する名前だけで、表示設定情報の登録などは行われません。名前だけ追加して、表示設定を登録しないと選択できない無効メニューを追加することになります。
上の画像の状態で、[追加(A)]ボタンをクリックすると、エディットボックスの「C5001T用」という文字列を一覧に追加しようとしますが、既に一覧にある名前と同じためエラー表示され追加されません。
一覧に存在しない名前を入力して、[追加(A)]ボタンをクリックすると、一覧に追加されます。

一覧で選択中の名前を削除します。
削除は、その名前で表示設定が登録されている場合、その登録情報と共に削除されます。

一覧で選択中の名前の表示位置を上に移動します。
メニューに表示される順序は、この一覧で表示されている順序になります。

一覧で選択中の名前の表示位置を下に移動します。

このページを開くときにクリックしてください。

 

ダイアログの説明