ケータイ・リンク31





簡単・快適の携帯電話メモリ編集ソフト

対応OS:Windows 10 (64/32bit) /Windows 8(8.1) (64/32bit) / 7 (64/32bit) / Vista (64/32bit) / XP / 2000 日本語版
モニタ:800x600/ハイカラー以上を推奨
メモリ:それぞれのOSの動作推奨に準拠
HD空き容量:30MB以上推奨
供給メディア:CD/インターネットからのダウンロード
インターネットへの接続、インターネットメールの受信環境が必要
携帯電話とのメモリ転送にはケーブルが必要
携帯機種によっては携帯電話付属のドライバソフトが必要
旧機種ではWindows10/8.1/8/7/Vista用のドライバソフトが用意されていないので注意
新機種ではWindows2000/XP/Vista用のドライバソフトが用意されていないので注意
パソコン上で着メロデータを再生するにはMIDI再生環境が必要
メモリカードのファイル編集にはそれぞれのメモリカードに対応したリーダーが必要
メール帳で絵文字を表示するには外字データのダウンロードが必要
デコメール/アレンジメールの表示には、MHTML表示可能なメールソフトが必要
jpg, png, bmp以外の画像表示にはSusieプラグインのダウンロードが必要

ケーブル・ドライバソフト

 弊社販売のUSB-シリアルケーブル、USB-CDMAケーブル、USB-PDCケーブルを利用するには、専用のドライバソフトをインストールする必要があります。

 USB-シリアルケーブルは、ケータイ・リンク23〜28のCDがお手元にある場合は、ダウンロードの必要はありません。

 USB-CDMAケーブル、USB-PDCケーブルは、ケータイ・リンク19〜28のCDがお手元にある場合は、ダウンロードの必要はありません。CDからドライバ・ソフトをインストールしてご利用ください。

 Windows8 64bit版に USB-PDCケーブルをインストールされたい場合は、USB-PDCケーブルの最新ファイルをダウンロード、インストールしてご利用ください。

 このドライバソフトは、ケータイ・リンク10以前に添付されていたケーブルには、ご利用頂けません。

 

 

●USB-シリアルケーブルのドライバソフトのダウンロード

 ダウンロード後、CableUsbSerial.zipファイル内のSsetup.exeファイルを実行して、ドライバソフトをインストールしてください。

 USB-シリアルケーブル用ドライバソフト
   ・Setup.exe    32bit/64bit版Windows用 (8/7/Vista/XP/2000)
   インストールの手順は、こちらをご覧下さい。

 

 

●USB-CDMAケーブル、USB-PDCケーブルのドライバソフトのダウンロード

 ダウンロード後、CableDriver.zipファイル内のmsiファイルを実行して、ドライバソフトをインストールしてください。

 USB-CDMAケーブル用ドライバソフト
   ・Setup_cdma.msi    32bit版Windows用 (8/7/Vista/XP/2000)
   ・Setup_cdma_x64.msi  64bit版Windows用 (8/7/Vista)
   インストールの手順は、こちらをご覧下さい。

 USB-PDCケーブル用ドライバソフト
   ・Setup_pdc.msi    32bit版Windows用 (8/7/Vista/XP/2000)
   ・Setup_pdc_x64_102.msi  64bit版Windows用 (8/7/Vista)
   インストールの手順は、こちらをご覧下さい。

Copyright (C) 2006-2017 ARCUS Computer Inc.